ダイナミックマッハ 効果

チントレのトレーニング効果を高める具体的な方法をお伝えしていきます。ペニス増大のための方法としてチントレ以外の方法もご紹介。さまざまな面からペニス増大法にポイントを当てていきます。

ダイナミックマッハ 効果 > チントレのトレーニング効果を高める具体的方法

チントレのトレーニング効果を高める具体的な方法をお伝えしていきます。ペニス増大のための方法としてチントレ以外の方法もご紹介。さまざまな面からペニス増大法にポイントを当てていきます。

チントレの具体的方法

こちらのページ→ペニスの増大効果をさらに高めるでも少し触れていますが、ここではチントレの具体的なトレーニング方法についてご紹介していきます。あなたのペニスがチントレで必ず大きくなるとは約束できませんが、私の知る限りチントレ効果がまったく無かったという方は一人もいませんので、大きくなると期待してトレーニングを行ってみてください。

このチントレトレーニングは理論的に成り立つ正当な方法だと感じています。何事もそうですが、ペニス増大のために最大限努力する!サプリでもなんでも、少しでも役立ちそうなことは何でもやるといった気持ちで行うことが大切です。

私が思う理論的に成り立つ理由

私もはじめはチントレに対して疑問を持っていました。それは、専門的な器具を使わず、ネットで出回っているような情報だったからです。ですが、実際に試して効果があったという方から紹介してもらったので、一応やってみようと実践してみてびっくり。本当に大きくなってきたのですから。

チントレについてネットで詳しく調べてみるとペニスとつながっている下腹部の筋肉があることが分かりました。この筋肉のことをPC筋と言うのですが、この筋肉を鍛えることでペニスが太くなったり、勃起時の角度が変わるというのです。これら調べた情報などから理論的にも成り立つはずだと納得し、さらにチントレに取り組んでいったのです。

ペニスは成人しても成長することができる?

背の高さや体力などはある程度成人すると止まってしまうものです。背の高さを決めているのは骨。この骨は思春期を過ぎると徐々に成長が止まり、成人するとほとんど骨が大きく成長していくことはありません。これに対し筋肉や細胞などは成長する余地があるそうなのです。

人は成人しても食べ過ぎたり運動不足になると太ってしまうもの。筋肉も鍛えれば成人してからでも太くなりますよね?これらのことと同じように細胞も鍛えていけば変化していくものなのだそうです。

正確に言うとペニスを作っているほとんどの細胞は海綿体。ですが、海綿体も筋肉と同じく鍛えることで太くすることが可能なのです。これは勃起する前に海綿体に良い栄養を与えることで実現しやすくすることができるでしょう。

3つのトレーニング法

チントレの基本は引っ張りマッサージPC筋を鍛えること。はじめはキツイと思うかもしれませんが、あまり無理をせずできる分だけ行うように、途中で止めてしまわない程度に勧めていってくださいね。

引っ張り

引っ張りはペニス自体を引っ張って伸ばすトレーニング法。ペニスが勃起していない通常の状態で以下のトレーニングを行ってください。

①根本を掴んで上方向へ30回引っ張る
②根本を掴んで下方向へ30回引っ張る
③根本を掴んで前方へ30回引っ張る
④根本を掴んで30回すように引っ張る


このトレーニングで意識するのは埋まっている部分を引き出すこと。ペニスの根本は数センチ下腹部に埋もれています。これを引き出すことでペニス自体の長さを長くしていくのです。

私の場合、これで2センチ以上伸びました。ただ引っ張るだけという原始的な方法ではありますが、目に見えて効果を実感することができるので楽しみながら続けていけるでしょう。

マッサージ

 マッサージは海綿体を充血させる目的で行います。毛細血管を増やすことはできませんが、毛細血管自体を太くすることは可能です。あなたは牛の乳搾りをしたことはありますか?ペニスマッサージは乳搾りと同じような動きでマッサージしていきます。勃起した状態で根本から先端へ向け、絞り出すようにマッサージを行います。ローションを使うと痛みもなくスムーズにまっさーすることができるでしょう。

腹筋を鍛える

腹筋を鍛えることでPC筋を上手に使えるようになります。普通に腹筋運動をするだけですが、下腹部のペニスに近い場所にある筋肉を鍛えるよう、下腹部を意識するようにして行ってみてください。意識しないと大きな筋肉(シックスパック)を使ってしまいますから。

また、スクワとを行うことも効果があります。スクワットのときも下腹部を意識しますが、股間部も同時に意識するようにするといいでしょう。つま先同士の向きが45℃の角度、膝が直角になるまで腰を落として下腹部を意識します。このスクワットで下腹部を意識することでハムストリングや太ももを使うことへの意識分散が無くなります。

チントレ以外の方法

ペニス増大サプリ、チントレ以外にもペニスを大きくする方法はあります。その内の一つがペニスポンプ。ペニスポンプは真空を利用して陰茎自体を大きく膨らませてペニスを大きくしていきます。ペニスポンプで増大させると半日、長い方は一日ほどペニスが大きくなった状態を保つことができます。

ペニスポンプはペニスをはめ込むだけで使えるのでとても簡単ですが、注意しなければいけないのが圧のかけすぎです。早く大きくしたいからと無理に圧力を高くすると大きな事故を起こしかねません。ペニスポンプは即効性はありますが、無理せずゆっくりと大きくしていくよう我慢が必要です。

 他のペニスポンプでも言えることですが、ペニスを大きくするというよりも逞しくするといった方が正しいかと。確実に言えるのは刺激で鍛えることは可能だということです。吸引力が強いので圧力を高くしてしまいがちですが、わたしはそれで痛い思いをしました。
 とても圧迫感があり、これを継続していると大きくなりそうな期待が持てます。ローションがないと使いにくいのでセットでローションも購入するといいです。使い方自体はとてもシンプルなので問題なく使えました。

美容整形で大きくする(約20万円)

美容整形でペニスを大きくする方法は大きく分けて2つあります。陰茎脂肪注入では自分の脂肪を使って陰茎全体をバランスよく太くし大きくしていきます。脂肪はお腹や太ももなどの目立たない場所から取り出すので心配する必要はありません。

陰茎脂肪注入では自分の脂肪を使うので、注入した脂肪の内の約半分は定着し、太いままの状態をほぼ半永久的に保ちつづけることができるそうです。亀頭増大術と同時に行うことでペニス全体をバランスよく大きくすることが可能です。

亀頭増大術(約10万円)

亀頭増大術では身体の中にもとからあるヒアルロン酸を亀頭に注入していきます。注射一本で済む簡単な施術で10程度の時間で完了です。亀頭だけではなくペニス全体へ注入することも可能で、陰茎脂肪注入と同時に行うことができます。

ネット情報には注意しましょう

ネットでペニス増大法を調べているといろんな方法が見つかります。例えば炭酸水に浸すという方法がありますが、科学的な根拠はなく、あまりおすすめできる方法ではありません。身体に害があることは無いようですが、ハチに刺されたような痛みがあるそうです。

また、オナ禁すると大きくなるという都市伝説のような情報もありました。射精を我慢していると、確かに勃起力は向上しますが、これは一時的なもの。射精の回数を少なくすることのデメリットも出てきますのでオナ禁する方法もおすすめできるものではありません。

増大サプリにも多くの種類が存在します。効果があると評判の増大サプリでも体質が合わなければ効かないという方もいますので、使ってみるまで分かりません。お金はかかるでしょうがいろんなサプリメントを試してみて、一番効果があると感じられるものを見つけ出してください